どうして結露は起こるのか

suijyouki

(上の図は、住宅省エネルギー設計技術者講習会のテキストの中の画像を引用しました。

とても分かりやすい表現になっていますので、パクってきました。)

中段に「飽和水蒸気量」の文字が書いてあって、その上に3種類のコップの絵があります。

上の段の一番左は、目一杯に水分をふくんだ室温6度の空気(1m3) の中にある水分の量です。

真ん中は、室温8.7度。一番右は、室温20度。

それぞれの温度でコップの大きさが違います。

一番左より真ん中がチョット大きくて、一番右は真ん中の2倍の大きさ。

つまり、8.7度の2倍の大きさのコップの分だけ、水分をたくわえることが出来ます。

温度が高いほど水分を沢山ふくめるのは、ちょうど、水に溶けにくい砂糖がお湯にはスグ溶けるのをイメージしてもらえば分かりやすいでしょうか。

さて、下の段の一番右は、室温20度で湿度50%の時に、部屋の空気1m3の中にふくんでいる水分の量です。もし湿度100%だったら上の段の右の図のようにコップが満杯になるのですが、50%だからコップの半分です。

この部屋の温度をどんどん下げていくとどうなるか?

まず8.7度まで下げる。

右のコップの中の水を、真ん中のコップに移してみましょう。

満杯です、湿度100%。ギリギリセーフ。

では6度まで下げると…

真ん中のコップの中の水を、一番左に移してみましょう。

満杯、、そして、あふれ出しました。ジョビジョバ。

この、あふれ出した水が、僕たちの言う結露(水)です。

まとめると

水分を含んだ空気が、冷たい物の近くに行った時、その影響で空気の温度が下げられて、水分を含みきれなくなる。そして、空気から放り出された水分は、空中に浮かんでいる訳にもいかないから、近くの物にベッタリと貼り付く。これが結露の仕組みなのです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中