高齢者の住まいと生活資金

市中銀行のいくつかで「リバース・モーゲージ・ローン」の取り扱いが始まっています。

リバース・モーゲージ とは、主に高齢者が、自分の住んでいる住宅の建っている”土地”を担保にして、金融機関から借り入れ(生活費や住宅改修費など)をして、死亡した(もしくは転居)時点で、”土地”を売却して、その売却益で借り入れを返済する仕組みのことです。

自前の土地を、資本の山と見立てると、少しづつ(表現は悪いですが)崩していって、最後には平場(零)になる。

すっきりして永遠の眠りにつけることや、高齢になってからの定期的な(見かけの)収入になること。また、借り入れ金の用途を、耐震改修やバリアフリー化の工事費に充てることで、安心して老後を過ごせる住まいにすることなども出来ます。

公的なものとしては、平成14年度に厚生労働省によって創設された「生活福祉資金(長期生活支援資金)」があります。(窓口は市区町村の社会福祉協議会)

また、市中銀行では、みずほ銀行サンの「みずほプライムエイジ」、三井住友信託銀行サンの「リバースモーゲージ」などが出てきています。

「生活福祉資金」は、その名のとおりに福祉的側面が強いため、貸付限度額が土地評価額の70%であったり、担保になる土地の最低評価額も比較的小さめですが、市中銀行のメニューでは、その辺りの取扱いはシビア、というか、サービスを利用するときのハードルは高く設定されており、つまりは裕福な人たちに限られています。 とは言え、「生活福祉資金」も全ての高齢者が利用できるものではなくて、働き盛りの頃には、いわゆる中流より上だった世帯に限って利用できるのではないでしょうか。

リバース・モーゲージ だけでなくて、他の仕組みと組み合わせることで、もっと弾力的で広く(多くの高齢者が)利用できるようになればいいのにと思うのです。

 

さて、

日本で、リバース・モーゲージの考え方をいち早く取り入れたのは、東京都武蔵野市。 こちらでは、居住者と市の福祉公社との契約で、福祉資金サービスの利用金額(生活費、医療費、住宅改良費など)を市が融資しています。資金の使用目的が限られるとは言え、高齢者にとって本当に必要なお金はこれより他にはありませんよね。しかも担保物件としては、土地のほかに建物やマンション(築年数の限定あり)を供することが許されています。

高齢者にやさしいマチ、武蔵野市。全国の市区町村が見習ってほしい施策です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中